どうしても今日中に5万円必要!5万貸してください!【安全に5万借りれる融資方法一覧】

今日中に5万円必要!

どうしても5万必要!

5万貸してください!

急に5万円ほどのお金が必要になって、どうしようもなく困ることもありますよね。

なんとかして5万円を用意したい。そんなときに役立つ金策方法について解説します。

目次

今日中に5万円必要な時のおすすめ方法3選

カードローンで今日中に5万円借りる

一番手っ取り早く5万円借りれるのが、アコムやプロミス、アイフルといった消費者金融系カードローンです。

夜間や早朝でなければ新規契約でも申込みから最短1時間程度でお金を借りることができます。

初回限定で30日間無利息などのサービスもあり、一時的に5万円ほどお金が足りないときには最も手軽に資金調達できる手段です。

ただしメガバンクやネットバンクなどの銀行カードローンは金融庁の指導で即日融資が禁止されているため、申込んだ当日中にすぐお金を借りることはできません。

今日中に5万円借りるなら消費者金融系カードローンを選ぶようにしましょう。

クレジットカードのキャッシングで今日中に5万円借りる

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる方法もあります。

お手持ちのクレジットカードにショッピング枠とは別に借り入れ専用のキャッシング枠があることが条件になりますが、これも提携ATMが近くにあればすぐに5万円借りることができます。

クレジットカードのキャッシングは現金が足りない時以外にも、海外旅行先で現地通貨が必要な際、両替商よりキャッシングで現地通貨を借りた方が利率が良いことから、旅行好きなお金持ちの人も割と利用している方法です。

お手持ちのクレジットカードの明細書や会員専用サイトを見て、キャッシング枠で5万円借りれないか確認してみましょう。

質屋で時計やブランド品を質入れして今日中に5万円借りる

お手持ちの時計やブランド品などを質屋に持ち込み査定してもらい、品物を預けることで一時的に5万円借りる方法です。

質屋では品物を担保にお金を借りるため個人信用情報に記録が残らず、いわゆる金融ブラックでお金を借りれない人や現在無職の方、専業主婦の方など金融会社の審査に通らない人でも借りれるというメリットがあります。

ただし質屋で5万円借りるには、5万円以上の査定額が出る品物を持っていること、質屋に来店して品物を持ち込めること、この2つが条件になります。

管理人のアイコン画像管理人

カードローン、クレジットカードのキャッシング、そして質屋。この3つが今すぐ5万円くらい必要な時には最も手っ取り早いですね。

どうしても5万必要!今日中は無理でも他に5万円借りる方法は?

「今日中に」5万円用意するのは難しいものの、5万円を用意する方法は他にもあります。

バンドルカードのポチッとチャージは最大5万円まで前借り・後払いが可能

バンドルカードはスマホアプリで誰でも作れるVisaプリペイドカードです。

バンドルカードの作成にはクレジットカードも不要で審査や年齢制限もなく、誰でも作ることができます。

通常プリペイドカードは事前にチャージ(入金)したり、銀行口座と紐付いて口座残高の範囲内で利用できるというものです。

しかしバンドルカードの場合、ポチッとチャージという仕組みを利用すれば、最大5万円を翌月末までの後払いにすることが可能です。

参照:ポチっと by VANDLE CARD[バンドルカード] – 好きなときにポチっとするだけでおかねがチャージできる。

ポチッとチャージでのチャージ金額は翌月末までの間にチャージ金額+手数料をコンビニATMなどで支払えばよく、約1ヶ月間の後払いにすることができます。

カード決済可能な支払いであれば、その場にその時点でお金がなくても、ポチッとチャージで急な支払いのピンチをしのげるわけです。

ポチっとチャージの申込み上限額は3,000円〜50,000円内の金額で設定されます。

1度の申込みでチャージできる上限額は、ご利用状況などに応じて異なります。

引用元:ポチッとチャージ申込み上限額について|バンドルカードサポート

いきなり5万円をポチッとチャージするのは難しい

ただしバンドルカードのポチッとチャージは上限金額が5万円ですが、通常最初は2万円が上限の場合が多く、利用実績を積んでバンドルカードの社内審査に叶うと最大上限の5万円に上限がアップする仕組みです。

そのため、いきなりバンドルカードのポチッとチャージで5万円をチャージするのは難しく、普段からバンドルカードを適切に使って利用実績を積む必要があります。

また、ポチッとチャージで5万円をチャージすると、翌月末までの支払い時に1830円の手数料が発生します。この出費も覚悟しておきましょう。

管理人のアイコン画像管理人

ポチっとチャージはプリペイドカードへのチャージなので、直接現金が手に入るわけではありません。現金化するには何か物品を購入してメルカリ等で転売するなどの手間がかかります。

社会福祉協議会の緊急小口資金貸付で5万円借りてくる

どうしてもお金が必要なとき、全国の市町村にある社会福祉協議会でも借りれることをご存知でしょうか?

これは生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金貸付というもので、一時的に緊急で必要な資金を最大10万円まで借りることができる制度です。

参照:生活福祉資金貸付制度 |厚生労働省

金利も連帯保証人を建てられる場合は無利息、連帯保証人を立てない場合も年率1.5%という低金利で10万円まで借りれます。

緊急小口資金貸付は申請から融資が振り込まれるまでに約2週間かかるため、緊急とはいえ急ぎでお金を借りるには向きません。

どうしても5万円必要な時には早めに地元の社会福祉協議会に問い合わせましょう。

管理人のアイコン画像管理人

緊急小口資金貸付はあまり知られていない制度でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で利用者が急増し、注目されています。

生命保険の契約者貸付制度で5万円借りる

生命保険の契約者貸付制度とは、生命保険の解約返戻金を担保にして保険会社からお金を借りれる制度です。

生命保険を長年契約している方で、解約返戻金が発生している方であればこの制度を活用して5万円借りることができます。

金利も国内生保最大手の日本生命の場合、貸付利率は年3.00%〜3.75%(2020年6月時点)です。消費者金融の一般的な金利(年率18.0%程度)と比較すると圧倒的に低金利で借りれます。

生命保険の契約者貸付制度は生保の契約者であればお金を借りるのは非常に早く、会員専用サイトにログインして借入と振込依頼をするだけです。

参考:契約貸付金を借りる、返す | 日本生命保険相互会社

生命保険の契約者しか借りられず、誰でも借りれるわけではないですが、条件を満たしている方なら使い勝手のよいお金の借り方です。。

管理人のアイコン画像管理人

生保に加入している方は、一度会員専用サイトで契約者貸付制度について確認してみましょう。

電子マネーやスマホ決済アプリでサクッと今すぐ5万円借りれないの?

PayPayやLINE Payなどのスマホ決済アプリでお金を借りれるサービスも登場し、これなら今すぐ5万円くらい借りれるのではと期待している方も少なからずいるでしょう。

スマホ決済アプリで5万円借りるのは実際のところどうなのかも調べてみました。

PayPayの「お金を借りる」はジャパンネット銀行のカードローンを取り次ぐのみ

PayPayには「お金を借りる」の機能がありますが、これはジャパンネット銀行カードローンに連携してお金を借りる機能だけを提供するものです。

PayPayで直接お金を借りるのではなく、あくまでジャパンネット銀行カードローンに申込み、審査に通過して契約した後にお金を借りることになります。

ジャパンネット銀行カードローンは100万円未満の借入限度額の場合、金利は年率18.0%で、これはアコムやアイフルなど消費者金融と同じ金利です。

さらに銀行カードローンなのでアコムやアイフルとは違い、申込み当日にお金を借りる「即日融資」ができません。

参考:「即日融資」を停止、銀行カードローン縮小へ – 産経ニュース

今日中に5万円必要でも、PayPayからジャパンネット銀行カードローンに申込みをしていては間に合いません。

PayPayでお金を借りるより、アコムやプロミス、アイフルなどに申し込んでお金を借りる方が手続きも早いので、急いでお金が必要な場合にはおすすめです。

LINE ポケットマネーは消費者金融で借りるのと全く同じ

LINEにもLINE ポケットマネーというお金を借りれる仕組みがあります。

LINEウォレットからポケットマネーをタップすれば、LINE Scoreの登録、本人確認などを行った後に審査が行われ、審査結果次第でお金を借りれるようになります。

参照:LINE ポケットマネーって? : LINEスコア/LINEポケットマネー 公式ブログ

こちらは一見、LINEで直接お金を借りれるように見えるのですが、実際にはLINE Credit株式会社というLINEのグループ会社の消費者金融からお金を借りることになります。

LINEポケットマネーは借入限度額は5万円~300万円、金利は年率3.0%〜18.0%となっています。

借入限度額実質年率
LINE ポケットマネー5万円~300万円3.0%〜18.0%
最高800万円3.0%〜18.0%
1万円~500万円4.5%〜17.8%
最高800万円3.0%〜18.0%
最高500万円4.5%〜18.0%
最高800万円3.0%〜18.0%

LINEポケットマネーは商品スペック的には他の大手消費者金融のカードローンとほぼ同じですが、LINE Scoreという他社にはないLINE独自の評価制度による審査も行われるため、他社よりも審査に通りにくい可能性はあります

管理人のアイコン画像管理人

LINEポケットマネーは普段使っているLINEから手軽にお金を借りれるイメージがありますが、消費者金融と契約してお金を借りるのと一緒という意識は持った方がよいでしょう。

ヤミ金・SNSの個人間融資で借りるのは絶対やめよう

どうしても5万必要だからといって、ヤミ金などの違法業者やツイッターなどのSNSを通じた個人からお金を借りるのはおすすめできません。

ヤミ金業者も今はネットで簡単に見つかるし、SNSを通じてお金を貸してくれる個人もすぐ見つかるでしょう。

しかし後になって大後悔するようなトラブルに発展するケースが後を絶ちません。

ネット上に個人情報を晒されるリスク

ネットヤミ金やSNSの悪質個人融資家は申込みに来た人に対し、「お金を借りました」などと書いたプレートを持った裸の自撮り画像などの提出を要求する場合があります。

そして違法に高い金利ゆえに返済に息詰まると、最近では写真と個人情報を匿名掲示板に投稿されたり、親しい友人などのLINEグループに情けない姿の自撮り画像をアップされたりなどの被害を被ることがあります。

もちろん勤務先や自宅に取り立ての電話をかけまくるなどの昔ながらの取り立ても当然あります。

返済させてくれず延滞利息を請求される

「ちゃんとすぐに返済すればヤミ金でも問題ない」と考えているとしたら甘いです

返済用の口座を教えてくれない。電話がつながらなくなるなどで返済させてもらえず、それでも延滞利息はしっかり請求されるというのも昔からのヤミ金の手口です。

基本的に無許可の違法業者なので、まともな話し合い自体が難しい場合も多いです。

金融庁のサイトにヤミ金に関する情報も更新されていますので、そちらも参考にしてください。

参考:違法な金融業者にご注意! : 金融庁

今すぐ5万円必要だが借りれない!借りる以外の方法は?

今すぐ5万円必要だけど金融会社は審査が通らない。質屋に預けられるような品物もない。

お金を借りれない場合に借りる以外の方法で5万円を作る方法として手っ取り早いのは、自宅にある不用品をメルカリや買取サイトなどで売ることです。

ただし5万円以上の売却利益を得られるだけの物を売るのはそれなりに大変で、手間も時間もかかります。

まとめ:とりあえずカードローンで5万円を借りる。その後に5万円を稼ごう!

今すぐどうしても5万円必要なときにどんな方法で5万円を用意できるのか紹介してきましたが、やはりカードローンで5万円を借りるのが一番早くて手続きも簡単です。

どうしても5万必要であれば、ひとまずカードローンで5万円を借り、その後に返済費用の5万円をなんとか捻出する方法が一番おすすめです。

ある程度の期間があれば節約する、不用品を売る、副業・アルバイト等で5万円を作ることはできますが、今すぐとなると借りる以外の方法では間に合いません。

ひとまず5万円をカードローンで借りる。その後に節約したり副業・アルバイトなどで、どうにかして5万円を稼いだり捻出することを考えましょう。

管理人のアイコン画像管理人

幸い大手消費者金融のカードローンは初回限定で30日間無利息サービスを実施しているところが多く、一時的にお金を借りる方法としては最適です。これを機にお金としっかり向き合っていきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる