1万・2万・3万円借りたい。今すぐ無利息や審査なし即日など10の方法を解説

1万円、2万円、3万円だけ借りたい。

決して大きな金額ではないものの、これくらいの金額が足りない時ってありますよね。

1万円〜3万円ほどであれば親や友人からも借りれるでしょうが、相手を心配させたり信用を損ねてしまうこともあります。

少ない金額ならいろんな金策の方法がありますが、一体どんな方法がベストなのか。

1万円、2万円、3万円借りたい時の最適な方法を状況に応じて解説します。

目次

1万・2万・3万円借りるなら消費者金融系カードローンが最もおすすめ

1万円、2万円、3万円といった比較的少額のお金を借りるなら消費者金融系カードローン(アコム、プロミス等)が最もおすすめです。

1万円から3万円程度なら親や友人・知人に借りるという方法もあります。しかし身近な人からお金を借りるのはお互いの信頼関係や交友関係にも悪影響を及ぼすことがあります。

その点、消費者金融系カードローンであれば誰にも知られず身近な人にも迷惑をかけず、今すぐお金を工面できるメリットがあります。

消費者金融系カードローンで1万円から3万円程度の少額融資を受けるメリットをそれぞれ解説します。

消費者金融は審査が早く今日中に1万円、2万円、3万円借りれる

消費者金融系カードローンは他のお金を借りる方法と比べて審査と融資スピードが圧倒的に早いのが大きな特長です。

プロミスやアイフルをはじめ、Webからの申込なら最短25分で銀行振込でお金を借りれる業者も何社かあります。

クレジットカードのキャッシングでも新規申込からこれほどのスピードでお金を借りるのは不可能です。

親や友人・知人に連絡を取ってお金を振込んでもらうよりも早いかもしれません。

消費者金融系カードローンは1万円、2万円、3万円といった金額を今日中に借りたい場合でも対応できる数少ない手段の一つです。

今すぐ1万円、2万円、3万円借りたい場合は融資スピードの早さから消費者金融をおすすめします。

消費者金融は誰にもバレずに内緒で1万円、2万円、3万円借りれる

消費者金融系カードローンは誰にも知られることなく内緒でお金を借りれます。

大手消費者金融のほとんどは自宅に郵便物なしでネット上で契約から借入まで全てできるWeb完結取引に対応しています。

さらに在籍確認のために勤め先への電話連絡は原則しないことを明言している業者もいくつかあります。

そのため同居している家族にも、勤め先の同僚や上司といった人達にもバレずに内緒で1万円、2万円、3万円借りれます。

バレずにお金を工面できるので周りの人に心配や迷惑をかけることもありません。

1万円、2万円、3万円といった少額融資であれば借りすぎて自己破産・親に泣きつく、といった事態も考えにくいです。

バレずに内緒で誰にも心配や迷惑をかけずに済むのも消費者金融で1万円、2万円、3万円を借りるメリットです。

こちらのバレないで借りれるカードローンも参照してください。

土日祝日でも契約完了でき日曜日でも1万円、2万円、3万円借りれる

1万円、2万円、3万円を借りたいが今日は日曜日だった。

そんな時でも消費者金融系カードローンならその日のうちに1万円、2万円、3万円を借りられます。

大手消費者金融各社は土日・祝日でも休まず審査を行なっています。土日祝日でも新規申込→審査→契約完了→借入の一連の手続きが完了します。

年末年始でも大手各社は元旦以外は営業しており、システムメンテナンスや提携ATMの休止時間などを除けばいつでも借入ができます。

銀行やカード会社は翌営業日にならないと審査や契約ができない場合がほとんどです。

しかし大手消費者金融なら土日祝日でも新規申込から契約完了までできます。

土日祝日でも1万円、2万円、3万円借りれるのも消費者金融のメリットの一つです。

1万〜3万円なら運転免許証やマイナンバーカードだけで借りれる

消費者金融系カードローンで1万円、2万円、3万円ほどの金額を借りるなら運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類だけでも契約が可能です。

収入証明書類として給与明細書や源泉徴収票などの提出を勧める金融会社も多いですが、1万円、2万円、3万円ほどの借入希望であれば、収入証明書類の提出は大半が不要です。

申込画面からスマホで撮影した画像データを送信するだけで提出でき、そのまま審査してもらえます。

運転免許証は普段から持ち歩く人が多いですし、マイナンバーカードは誰でも入手可能な書類です。

カードローンの申し込みは面倒くさいイメージですが、1万円、2万円、3万円借りたい場合は必要書類も少なく、思い立ったらその場ですぐスマホから借り入れの申込ができます。

申込手続きの手軽さの面からも1万円、2万円、3万円借りたい場合は消費者金融がおすすめできます。

1万〜3万円なら短期間で返済でき高金利でも利息の負担は少ない

1万円、2万円、3万円ほどの借入であれば、金利が高いと言われる消費者金融でも利息の支払負担は少ないです。

3万円を多くの消費者金融での最高年率である年率18.0%で借り、1ヶ月後に全額返済した場合の支払利息は456円です。

3万円を借りて1ヶ月後に30,456円を返済します。

もちろんすぐに全額返済できない場合でも、3万円の借入であればカードローン各社の月々の最低返済額以上を返済できれば良いのです。

3万円を借りた場合の月々の最低返済額は以下の通りです。

プロミス:2,000円/月
アコム:2,000円/月
SMBCモビット:2,000円/月
アイフル:4,000円/月

カードローンの金利は日割り計算で算出されるため、一日でも早く完済できた方が利息の負担は少なくなりお得です。

しかし3万円程度の借入であれば毎月の返済額も少なく、早期完済も十分可能です。

利息の負担が少ない分、今すぐ借りれる・土日でもすぐ借りれるといった消費者金融のメリットが相対的に優位になります。

初回限定の無利息サービスがある

1万円、2万円、3万円借りたい場合は大手消費者金融の初回限定の無利息サービスの活用をおすすめします。

大手消費者金融では初回限定の無利息サービスを実施している会社がいくつもあります。

アコム:初回契約日の翌日から30日間金利0円
プロミス:初回初回借入日の翌日から30日間無利息
アイフル:初回最大30日間金利ゼロ円

1万円、2万円、3万円といった金額であれば、この初回の無利息期間中に借りたお金を全額返済することも十分可能です。

うまく活用すれば利息を一切払うことなく1万円、2万円、3万円借りられるのです。

この初回限定の無利息サービスは大手消費者金融では珍しくないサービスですが、銀行やクレジットカードのキャッシング等ではほとんど実施されていません。

初回限定の無利息サービスが利用できるのも1万円、2万円、3万円借りたい場合に消費者金融をおすすめする理由の一つです。

1万・2万・3万円の少額融資におすすめのカードローン

アコムは最短30分で1〜3万円借りられる

アコムは申込から最短30分融資も可能です。審査通過後は会員マイページからすぐに1万・2万・3万円の振込依頼ができます。

アコムは初回最大30日間金利0円なので、契約日の翌日から30日以内に借りた1万・2万・3万円を返済すれば利息の支払いはありません。

ローンカードは郵送もしくはアコムの自動契約機で受取可能ですが、ローンカードなしで振込で借入・返済を行うWEB完結取引もできます。

アコムは原則24時間いつでも借入可能で、振込での借入は楽天銀行の口座なら会員マイページの「振込で借りる」より、毎日0:10~23:49の間は受付完了から10秒程度で借りれます。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座へは一部の時間帯を除いて土日祝日でも受付完了から1分程度で借入できます。

アコムは今すぐ1万・2万・3万円借りたい時も少ない負担で安心して利用できます。

プロミスは自動契約機へ行かなくても1万・2万・3万円借りられる

プロミスは郵送物なし、カードなしで申込・借入・返済まですべてWeb上で完結するWeb完結取引が可能です。プロミスの自動契約機に一度も行かずに1万・2万・3万円借りられます。

プロミスのインターネット振込は土日祝日・夜間でも原則24時間振込可能で、最短10秒程度で銀行口座への振込でお金を借りられます。プロミスからのインターネット振込手数料は0円です。

さらにプロミスはメールアドレスとWeb明細利用の登録で初回借入日の翌日から30日間無利息で、無駄な出費をせず1万・2万・3万円だけでも借りられます。

審査は最短25分と早く原則として勤め先確認で会社に電話を掛けてこないため、誰にも知られずに素早く借入ができます。

プロミスは銀行振込以外でもセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMはカードなし・スマホだけで原則24時間365日取引が可能です。

1万円から3万円ほどの少額融資でもプロミスなら誰にも気を使わずに利用できます。

アイフルは1,000円単位で出金可能で少額融資に向いている

アイフルはWEB申込なら最短25分融資も可能です。さらに初めての方は最大30日間利息0円のサービスを実施しています。

今すぐ借りれる上に契約日の翌日から30日以内に全額返済できると利息の支払いはありません。

1万・2万・3万円だけ借りたい場合でもアイフルは銀行振込・スマホアプリ(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM)・アイフルATMで1,000円単位での出金が可能です。少しだけお金を借りたい場合に非常に使い勝手がいいです。

またアイフルは申込みの際に在籍確認のための自宅・勤務先への電話連絡は行っていないと公表しています。

さらにWEB契約時にカードレス・口座振替(自動引落)の選択で自宅への郵便物は一切なしにできるため、周囲に借入が知られることもありません。

1万・2万・3万円だけ必要な時に使い勝手のよい消費者金融系カードローンです。

SMBCモビットは急いで1〜3万円借りたい時に向いている

SMBCモビットは急いで少しだけお金を借りたい場合に向いているカードローンです。

申込から10秒で簡易審査結果を表示し、ネット申込完了後にコールセンターに電話すると審査開始を早めてもらえます。

契約完了後は会員専用サイト「Myモビ」からの手続きで最短3分でご自身の銀行口座へ1,000円単位で振込入金できます。

スマホアプリとセブン銀行・ローソン銀行ATMでカード不要のスマホATM取引で借入ができ、コンビニでも借入ができます。

手元にスマホと本人確認書類(運転免許証または健康保険証)があればすぐ申し込めます。

SMBCモビットには他の消費者金融系カードローンのような初回限定の無利息サービスはありませんが、急いで1〜3万円借りたい時には向いています。

クレカ会社のカードローンでの1万・2万・3万円の少額融資について

1万・2万・3万円借りたい時の借入先として、消費者金融の他にもクレジットカード会社のカードローンという選択肢があるのをご存知でしょうか。

クレカ会社のカードローンにはクレカに付帯するキャッシングとは異なり、カードローンだからこその特長があります。

1万・2万・3万円借りたい場合のクレジットカード会社のカードローンのメリット・デメリットについて解説します。

消費者金融やカードキャッシングより低金利

クレジットカード会社のカードローンは、金利が概ね消費者金融やカードキャッシングより低いというメリットがあります。

それぞれの最高金利を比べてみましょう。1万・2万・3万円だけ借りる少額融資の場合、下記の最高金利が適用されます。

アコム:年率18.0%
三井住友カード(一般カード)のキャッシング:年率18.0%
三井住友カード カードローン:年率15.0%

同じカード会社でもキャッシングとカードローンでは金利が異なることもあります。

消費者金融のような初回限定の無利息サービスはないものの、クレジットカード会社のカードローンは金利面ではお得なものもあります。

すでに消費者金融での借入経験があり初回の無利息サービスを受けられない人は、より金利の低いクレジットカード会社のカードローンを検討すべきでしょう。

複雑なリボ払いよりお金の管理がしやすい

クレジットカードのカードローンはショッピングのリボ払いと比べると、お金の借入だけに特化している分、以下のメリットがあります。

・借入残高が一目瞭然。いくら返済するのかが明確
・コンビニATM等からいつでも一括返済できる

リボ払いの欠点である「いくら借金しているのかわからなくなる」「カード支払日しか返済ができない」といったデメリットがカードローンにはありません。

リボ払いもカードローンも利息は日割計算で毎日加算されているのは同じです。

思い立った時にいつでも1万・2万・3万円の借入を全額返済できるカードローンは無駄な利息の支払いを抑え、お金の管理がしやすくなります。

クレカ会社のカードローンは在籍確認がある

消費者金融系カードローンでは在籍確認の電話連絡を原則行わない会社もあります。

そのため会社の人にもバレることなく1万・2万・3万円だけ借りることができます。

しかしクレジットカード会社のカードローンは契約時に在籍確認のため勤め先の会社に電話連絡を行います。

クレジットカード会社からの電話なので「カード会社のキャンペーンの営業電話だった」等の言い訳も容易で、会社の人に怪しまれることは少ないです。

しかし金融会社から勤め先に電話があるのは良い気分ではありません。この点はデメリットでしょう。

クレカ会社のカードローンは消費者金融より審査がやや厳しい場合も

クレジットカード会社のカードローンには高年収の人向けに限度額が大きく低金利を提示しているものもあります。

しかしクレジットカード会社のカードローンとキャッシングは共に貸金業法で定められる総量規制対象の貸付のため、合計で年収の1/3以上の金額は借りられません。

年収の多くない人が限度額の大きな低金利のカードローンに申込をしても、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

申込条件をよく読み前年度年収400万円以上といった年収による足切りに相当する申込条件がないかを確認するようにしましょう。

1万・2万・3万円借りたい時のおすすめクレカ会社の信販系カードローン

三井住友カード カードローンはカードレスで即日融資も可能

三井住友カード カードローンは最短5分で審査結果がわかります。

1万・2万・3万円借りたい場合も申込から最短5分で借りれるかがわかります。

審査通過後は三井住友カードの会員向けサイトVpassから銀行振込で借入できます。

最高年率15.0%は大手消費者金融より3%ほど低く、三井住友カードの一般カードのキャッシングよりも低金利です。

さらに2023年1月から初回最大3ヶ月間お利息0円の入会キャンペーンを実施しています。

今なら大手消費者金融以上に金利メリットのある状態で利用できます。

入会キャンペーンの終了時期は未定ですが、今なら急いで1万・2万・3万円借りたい人に最もおすすめできます。

銀行カードローンは1万・2万・3万円必要時に備えて持ちたい存在

銀行カードローンは銀行で扱うローンでは唯一、1万・2万・3万円といった少額でも気軽に借りられる金融商品です。

契約後は借入限度額の範囲内でいつでも借入が行えるのは消費者金融系カードローンと全く同じです。

クレジットカードや公共料金の口座引落の残高不足に備えて、銀行口座に不足額だけを自動融資できるタイプの銀行カードローンもあります。

銀行カードローンで1万・2万・3万円借りる場合のメリットとデメリットを簡単に解説します。

銀行カードローンは無利息サービスはないが消費者金融より金利が低い

銀行カードローンでは消費者金融のような初回限定の無利息サービスを実施しているところは少数です。

初回限定の無利息期間があるのは一部のネット専業銀行や地方銀行などに限られます。

しかし銀行カードローンは最高年率15.0%前後の金利が主流です。最高金利だけを消費者金融と比較すると低金利なのは明白です。

三菱UFJ銀行バンクイック:年率14.6%
楽天銀行スーパーローン:年率14.5%
オリックス銀行カードローン:年率14.8%
(参考)アコム:年率18.0%
(参考)プロミス:年率17.8%

1万・2万・3万円といった少額融資では最も高い金利が適用されるケースが多いです。

しかし1万・2万・3万円だけ借りる場合も銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりは低金利になります。

銀行カードローンは一度契約しておけば提携ATMからいつでも借りれる

銀行カードローンは申込からローンカードの受取までの契約手続きに時間はかかりますが、一度契約を完了してしまえば利便性は消費者金融以上といえます。

まず銀行ATMや提携コンビニATMの手数料が消費者金融系カードローンより安いです。提携ATM利用手数料が無料の銀行カードローンもあります。

提携コンビニATM手数料が無料の主な銀行カードローン
・三菱UFJ銀行バンクイック
・オリックス銀行カードローン
・楽天銀行スーパーローン
・住信SBIネット銀行カードローン

消費者金融ではATM手数料が都度かかってしまう場合が多いですが、ATMからの借入や返済の手数料が無料なら無駄な支出を減らせます。

提携コンビニATMの手数料が無料であれば24時間いつでもコンビニで借入や返済が行えるので、銀行カードローンは契約さえ済ませておけば非常に便利です。

審査は消費者金融より厳しいが低収入でも契約は可能

申込時の審査に関しては銀行カードローンは消費者金融より厳しいと言われています。

これは両者の審査体制の違いに起因しています。

消費者金融の審査:消費者金融が単独で実施
銀行カードローンの審査:銀行、保証会社の2社で実施

銀行カードローンの審査は銀行+保証会社の二重体制で行われるため、消費者金融よりも仕組み的に厳しくなりやすい傾向は確かにあります。

しかし低収入の方でも申込条件を満たしている方であれば、銀行カードローンも収入に応じた少なめの限度額で契約することは可能です。

お金が1万・2万・3万円だけ不足した場合に備え、銀行カードローンの契約だけしておくのもおすすめできます。

契約・借入まで早くても約3営業日。急ぎで借りたい時は不向き

最短25分で審査完了など融資までのスピードが速い消費者金融に対し、銀行カードローンは申込から契約・借入までに早くても約3営業日ほど時間がかかります。

これは銀行カードローンの審査では犯罪収益移転防止法に基づき警察庁のデータベース照会も義務付けられているためです。

警察官が車のナンバーや自転車の防犯登録番号などを照会するのと同じです。

銀行カードローンの審査にはこうした消費者金融にはない手間がかかるため、申込当日に契約完了してお金を借りることはできません。

1万・2万・3万円ほどの少額融資であっても銀行カードローンの審査は約3日ほど時間がかかります。

急いで借りたい場合には不向きなので注意しましょう。

1万・2万・3万円が必要な時に備えるおすすめの銀行カードローン

三菱UFJ銀行バンクイック

三菱UFJ銀行バンクイックは三菱UFJ銀行に預金口座がない人も利用できます。

さらにバンクイックカードは三菱UFJ銀行ATMと提携コンビニATM(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATM)の利用手数料が無料です。

契約後は提携コンビニATMで24時間いつでもお金を借りれるようになります。

口座開設不要、提携コンビニATM手数料無料のため、近所に三菱UFJ銀行の店舗がない方でも気軽に利用しやすいというメリットがあります。

メガバンクの銀行カードローンのため借入先としての信頼度は最上級です。

クレジットカードのキャッシングや消費者金融より金利も低く、1万・2万・3万円といった金額が不足した時に備えて持っておきたい銀行カードローンです。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは楽天銀行に口座を持っていない人も利用できます。

楽天銀行以外の銀行口座にも振込融資を受けられます。

さらに提携コンビニATM手数料が無料でコンビニでいつでも借入や返済ができる他、三井住友銀行ATM、みずほ銀行ATMも手数料無料で利用できます。

1万・2万・3万円といった金額が不足した時に備えて契約だけでもしておくと良いでしょう。

安易にクレジットカードのキャッシングやリボ払い等を利用するよりは金利やATM利用手数料が安くなり、出費を抑えられます。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは提携コンビニATMが手数料無料な他、銀行ATMも手数料無料で幅広く使えるのが大きな特長です。

主要なコンビニATMとゆうちょ銀行ATM、三菱UFJ銀行ATMと三井住友銀行ATMが利用手数料無料です。

イオン銀行ATMも手数料無料で借入・返済ができます。

あらかじめ契約だけでもしておくと、1万・2万・3万円といった金額が不足した時にお金を借りる際の利便性は消費者金融やクレジットカードのキャッシング等を上回ります。

オリックス銀行の預金口座を持たなくても利用でき、非常に使い勝手の良い銀行カードローンです。

1万・2万・3万円をカードローンで借りたら利息はいくら?

カードローンの利息は日割計算。早く返済するほど利息の支払は少ない

1万・2万・3万円をカードローンで借りた場合の利息は返済回数や完済までの日数によって変わります。

目安としてプロミスで年率17.8%で1万・2万・3万円を借り、それぞれ1ヶ月(1回)、3ヶ月(3回)、6ヶ月(6回)で返済した場合の累計利息額をまとめてみました。
    1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
1万円 146円 297円 522円
2万円 292円 595円 1,048円
3万円 438円 893円 1,574円

1ヶ月後(1回)で完済した場合の利息は少ないですが、6ヶ月(6回)で完済した場合は利息がそれなりに高くなっています。

カードローンの利息は日割計算で毎日加算されていくため、早く完済した方が利息の支払いは少なく済むのです。

逆に言えば、借金を抱え続けるほど利息は大きく膨らんでいきます。

一回に返済する金額は返済回数が多いほど少なくなり毎月の返済はラクになります。

しかしダラダラと長く返済を続けるよりは、短期間で一気に完済した方が利息の負担は最小限になります。

無利息サービス期間内に完済すれば利息の支払いはゼロ

消費者金融系カードローンの中には初回限定で30日間金利0円等の無利息期間サービスを実施している会社がいくつかあります。

この無利息期間内に借りたお金を全額返済できれば利息の支払いは本当に0円になります。

初回無利息サービス期間内に全額返済するのが消費者金融系カードローンの一番おトクで賢い使い方です。

1万・2万・3万円を消費者金融系カードローンで借りたら、まずは無利息期間内の全額返済を目指しましょう。

無利息期間内での全額返済が難しい場合でも、無利息期間中にできるだけ多く返済し、利息が発生する元金(借入残高)を少しでも減らしておくことが大切です。

例えば3万円を借りて無利息期間中に2万円を返済した場合、無利息期間終了後は残った1万円に対しての利息を払うだけになります。

無利息期間中の全額返済を目指し、全額返済が無理な場合でもできるだけ多く返済するよう心がけてください。

1万・2万・3万円をカードローンで借りる際の注意点

無職で契約するのは無理。安定した収入が必要

カードローンの新規契約をする場合、ご自身に安定した収入があることが大前提となります。

年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方。
※主婦・学生でもアルバイト・パートなど安定した収入のある場合はお申込いただけます。ただし、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。また、収入が年金のみの方はお申込いただけません。

お申込からご返済までの流れ|プロミス公式サイト

現在無職でご自身に収入のない方はカードローンの契約は残念ながらできません。

SNSなどで無職でも借りれた等の口コミがあっても、それは無職になる前に契約したカードローンで借りれたという話です。

1万・2万・3万円という少額融資であっても無職でカードローンの契約はできないため、現在無職の方はまず仕事に就くか、カードローンで借りる以外の方法を検討しましょう。

申込時に信用情報に傷がないこと

カードローンの申込時に信用情報に傷があると残念ながら審査には通りません。

たとえ1万・2万・3万円の少額融資を希望する場合でも審査に落ちてしまいます。

カードローンの申込審査ではCIC・JICC等の指定信用情報機関を通じて申込者の信用情報の確認が行われます。

ここでクレジットカードや各種ローンの支払状況に遅延や延滞等の問題がないかの照会が行われます。

  • クレジットカードのショッピングでの支払い
  • 携帯料金の支払い
  • 携帯端末の月賦払い
  • 奨学金の返済
  • 各種ローンの支払い

これら指定信用情報機関がデータを保有する支払いに対して、遅延や延滞があればカードローンの審査には通りません。

もしこうした支払いに遅延や延滞があれば支払いが完了するまでカードローンの申込は控え、他の方法で1万・2万・3万円を用立てることを検討しましょう。

もし返済が遅れそうな時はすぐ連絡すること

1万・2万・3万円の借入であれば返済の遅れはあまり心配ないかもしれません。

しかしもし返済期日までに返済ができないという事態に陥ったら、返済できないことが判明した時点で早めにお客様サービスセンターやコールセンターに電話してください。

返済について早めに相談することが大切です。

相談したところで返済できないものはできないのに、一体何を話せばいいんだ?!

という方もいるでしょう。

カードローンの返済ができない場合、電話で相談することでその月は利息分のみの支払いにしてもらうことも可能です。

借入残高は減らないけど今月の利息分だけでも払ってくれたらOKですよ、というわけです。

金融会社としては利息分だけでも返済してもらい、元金(借入残高)の返済は先延ばしにしてもらった方が最終的には儲かるため、この相談は意外なほどあっさり認められます。

こうした交渉もできるので、返済が遅れそうな時は早めにカードローン会社へ連絡してください。

1万・2万・3万円を審査なしで借りたい場合は?

1万・2万・3万円を質屋で借りる

カードローンのような審査なしでお金を借りる方法に、質屋で手持ちの時計や貴金属、ブランドバッグやスマホを預ける方法があります。

質屋に物品を預けてお金を借りることを「質入れ」と言います。

品物と身分証明書(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)があれば質入れは可能で、金融会社のような指定信用情報機関のデータベースを利用する審査はありません。

質入の申込時に勤務先や収入を聞かれることもなく信用情報に履歴が残ることもありません。

1万・2万・3万円の査定額に相当する品物を質屋に預ければ、質屋で1万・2万・3万円を借りられます。

質に預けられる品物は質屋によって異なります。

  • 貴金属・宝飾品
  • 腕時計・ブランド品
  • ゲーム機・スマホ・タブレット端末
  • 家電製品・電動工具
  • 楽器・釣具

など多岐にわたります。

事前に質屋のWEBサイトなどでおおよその査定額を調べてから質屋に質入れをするのが良いでしょう。

家族や友人・知人に1万・2万・3万円を借りる

1万・2万・3万円という金額なら親や友人・知人に頭を下げて借りるという方法もあります。

頼み込めば財布から1万円札を1枚、2枚、3枚と取り出して貸してくれるかもしれません。

親や友人・知人に借りるなら確かに審査なしです。

ただし人から少しばかりお金を借りた場合、お金を借りた方は借りた事実を忘れがちですが、お金を貸した方はいつまでも忘れません。

いつ相手がお金を返してくれるのか非常にヤキモキした気持ちになりストレスを抱えます。

家族や友人・知人に1万・2万・3万円を借りる場合は、いつまでに返済するか、どの方法で返済するか(手渡し、銀行振込、PayPay送金など)を決めてキチンと伝えましょう。

それだけでお金を貸してくれた人も無用なストレスを抱えることが少なくなります。

もちろん、伝えた通りにキチンと返済することも何より大切です。

1万・2万・3万円をカードローン以外で借りる方法は?

クレジットカードのキャッシング

現在お持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付与されていれば、銀行ATM・コンビニATM等ですぐに借入ができます。

会員専用サイトからネットキャッシングで振込融資を受けられるカードもあります。

ただしお持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付与されていればという条件付きです。

キャッシング枠がなければ新たにキャッシング枠を付与する申込をしなければなりません。

キャッシング枠の追加には審査があり、審査通過することが必要です。

クレジットカードのキャッシング枠追加の審査は消費者金融系カードローンほど早くはなく、数日かかるのが一般的です。

またキャッシングの金利も大手消費者金融と同じ年率18.0%のカードが大半です。

お手持ちのカードにキャッシング枠があれば1万・2万・3万円を借りるのも良いです。

しかしキャッシング枠がない場合はカードローンを申し込む方がメリットは多いです。

生命保険の契約者貸付

生命保険の契約者貸付制度とは契約している生命保険の解約返還金から一定の範囲内で貸付する制度です。

生命保険を契約していて解約返還金が発生している場合、この契約者貸付を利用して1万・2万・3万円を借りることも可能です。

借りれる金額は契約している生命保険会社によって異なりますが、およそ解約返還金の6割から8割を上限に貸付を受けられます。

1万円から3万円程度であれば多くの方にとって充分に借りれる金額です。

自分が納めてきた生命保険金を担保にした貸付のため、契約者であれば審査なしですぐに借入ができます。

貸付なので生命保険の契約者貸付には利息をつけての返済が必要ですが、利息も年率3.0%程度でカードローンやキャッシングと比べると圧倒的に低いです。

注意したいのは、契約者貸付ができるのは基本的に死亡保障のある生命保険が中心で、死亡保障のない医療保険やがん保険など、契約している保険の種類によっては契約者貸付が利用できないケースもある点です。

生命保険の契約者貸付で1万・2万・3万円を借りたい方は、今一度ご自身の契約している保険会社の公式サイトで契約内容等を確認しましょう。

バンドルカードで1万〜3万円借りる

バンドルカードとは審査なし・年齢制限なしで誰でも無料で作れるVisaプリペイドカードです。

あらかじめ入金(チャージ)した金額分だけクレジットカードのように利用できるサービスです。

このバンドルカードにはポチッとチャージという翌月末の後払いでチャージできる仕組みがあります。

ポチッとチャージの申込み上限額は3千円〜5万円で1千円単位で利用できます。

ポチッとチャージの申込上限額が3万円あれば3万円の翌月末の後払いで、実質1ヶ月間お金を借りれる形になります。

バンドルカードを運営する株式会社カンムは三菱UFJ銀行と資本業務提携しMUFGグループへの参画が決定しており、1万〜3万円の金策先として安心はできます。

ただしバンドルカードのポチッとチャージの注意点として、1回のチャージにつき手数料が以下の通りかかることが挙げられます。

申込金額 手数料
3,000円 〜 10,000円 510円
11,000円 〜 20,000円 815円
21,000円 ~ 30,000円 1,170円

3万円分のポチッとチャージには1,170円の手数料がかかります。

この1,170円の手数料はプロミスで3万円を年率17.8%で借りて4ヶ月(4回)で返済したのに相当する金額(1,119円)です。

約1ヶ月後となる翌月末払いでこれだけの手数料がかかるのであれば、プロミスで借りた方がお得だと言えます。

手数料としては消費者金融をも超える割高感があるため、カードローンの審査に通らなかった場合の次の一手として検討すべきです。

1万・2万・3万円でもヤミ金や怪しいSNS金融から借りるのは絶対NG

1万円、2万円、3万円といった金額であれば、ヤミ金やSNSの怪しい金融アカウントから借りても大した利息にはならないだろうと思うかもしれません。

しかしこれは厳禁です。

1万円、2万円、3万円であっても怪しいところからお金を借りてはいけません。

銀行口座を教えただけで犯罪に巻き込まれることも

驚くかもしれませんが、悪徳業者に銀行口座を教えただけで犯罪に巻き込まれる場合もあります。

2022年9月下旬、SNS上のお金配り企画で当選したので相手に銀行口座を教えたところ、特殊詐欺の受け子の容疑で逮捕されたという情報がTwitter上で話題になりました。

教えた自分の銀行口座が特殊詐欺による資金の入金用口座として利用されてしまったというのです。

事の真偽は不明ですが、ヤミ金等の悪徳業者に関われば誰の身にも充分に起こり得る状況であると、筆者をはじめ金融関連に詳しい者の間でもこの情報は話題になりました。

一度悪徳業者に関われば、その後もどのような形でこうした被害に巻き込まれるか計り知れません。

1万円、2万円、3万円だけだからと、安易にヤミ金や怪しいSNSアカウントと関わりを持つのは絶対にやめましょう。

もし1万・2万・3万円を借りられなかったら

1万・2万・3万円を借りるのが難しい方は、1万・2万・3万円を稼ぐことを考えてみるのがおすすめです。

代表的な方法をいくつかご紹介します。

フリマアプリで不用品を売却して1万・2万・3万円稼ぐ

現在無職の方や信用情報に傷があってカードローンの審査に通らない方など、現在金融機関でお金を借りるのが難しい状況にある方は、身近にある不用品をフリマアプリで売却してみましょう。

主なフリマアプリには以下のものがあります。

  • メルカリ
  • ヤフオク
  • 楽天ラクマ
  • PayPayフリマ
  • ジモティ

中でもメルカリはユーザー数が最も多いフリマアプリで、商品の匿名配送ができ取引相手に住所を知られずに済むのでおすすめです。

1万・2万・3万円という金額であれば、フリマアプリでの不用品の売却で稼げる可能性は十分にあります。

小さなお子さんがいるなどで働きに出るのが難しい方にはチャレンジする価値があります。

スキマバイト・単発バイト等で1万・2万・3万円稼ぐ

お金を借りれないのなら単発バイトやスキマバイトで1万・2万・3万円稼ぐという方法もあります。

特に今はスキマバイトが好きな時間、好きな場所、好きな職種で最短1時間から働け、報酬も即日受け取れる仕事が多く注目を集めています。

スキマバイトはスキマバイトアプリから探せます。

空いた時間にいつでも仕事ができるようスキマバイトアプリに会員登録だけでもしておくと良いでしょう。

スキマバイトほどの細切れの時間で働くのは難しいですが、単発・短期バイトも短期間で1万・2万・3万円稼ぐことは十分可能です。

単発バイト情報サイトから、自分にできそうな仕事を探してみましょう。

スキマバイト、単発バイト共に自分の今の状況から確実にできる仕事を選ぶのが大切です。

まとめ:1万・2万・3万円借りたいなら

  • 1万・2万・3万円借りる一番のおすすめは消費者金融系カードローン
  • クレジットカードのキャッシングよりカード会社のカードローンが低金利
  • 銀行カードローンは1万・2万・3万円が必要な時に備えるならおすすめ
  • 審査なしで1万・2万・3万円借りるなら質屋も有効
  • カードローン以外で借りる方法もあるが事前に契約や準備が必要
  • 1万・2万・3万円だからとヤミ金や怪しいSNSアカウントに関わるのはNG
  • 借りるのが困難なら1万・2万・3万円稼ぐことを考える
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次